戻る

夏休み「朝霧の巫女」を歩こう 宇河先生 直筆サイン色紙5枚抽選会
当選者の皆様は
★三次市十日市:CY様(女性26歳) / ★名古屋市守山:KY様(男性19歳)
★広島市南区:YY様(女性14歳) / ★広島県東広島市:MF様(女性21歳)
★神奈川県厚木市:KF様(男性28歳)
ご当選おめでとうございました!!
また、多くのご参加いただきました皆様、あらためて御礼申し上げます・・m(_ _)m

終了!
2004.7/25(日)〜8/29(日)
夏休み「朝霧の巫女を歩こう」スタンプラリー

・・・イベント内容・・・
1
5箇所のチェックポイントを完全クリアーすると
この企画限定、原画レプリカがその場でもらえます
ダブルプレゼントで宇河先生のサイン色紙を
抽選で5名様へプレゼント!

ご参加いただきました皆様、誠にありがとうございました・・・m(_ _)m
228人のご参加ありました!
関東方面から九州まで全国からお越しいただき
暑い中のラリー参加誠にありがとうございました(^o^)/

9月に入りましたら直筆サイン色紙の抽選を行わせていただき
HPで当選者の方のイニシャルで発表をさせていただきます
お楽しみに〜〜!!
135人目表彰しました!

広島市内からお越しいただいたT・Yさんです!
1=百物語  3=巫  5=女 にひっかけ!?
◆【135人目】表彰させていただきました!◆
ささやかですが賞品をプレゼント!
8/22pm1:30 ⇔ 135人達成
朝霧の巫女同人誌といえば、落ち目堂!
◆惟任日向 制作  「朝霧の巫女」同人誌発売!!◆
お求めはこちらまで
メールください!

※ご注文いただきました皆様へ誠にありがとうございます
m(_ _)m
ご入金確認後至急発送させていただきます。

注>N-3 のNTTの鉄塔のスタンプは道路向いの中央薬局にあります

注>台紙は何枚押されても宜しいですが
サイン入り原画(レプリカ)交換はお一人様1枚とさせて
いただきます。 ご了解くださいませ。
※サインもレプリカですが少年画報社制作です。
★夏休み「朝霧の巫女を歩こう」応援カフェ紹介★

★卑弥呼★
(JR三次駅向って右・三次観光協会横)

★カフェ・アルコ★
みよし本通り・三次フードセンター三次店並び)

暑さの中、ほっと一息ごゆっくりどうぞ!!

朝霧の巫女を歩こう テレビ局の取材中

お世話になっております『少年画報社』のHPです

三次が描かれたシーンを15箇所とり上げました!

※マンガ画像におきましては全て少年画報社様へご承諾いただいています
※ここの画像の転用使用は一切お断りいたします

15−1  
駅構内:忠尋が5年ぶりに三次に帰省したのが三次駅
切符売り場 :審神者である忠尋が乱栽に襲われピンチになったときグッドタイミングで倉子さんと球ちゃん登場したシーン
駅前公衆電話:忠尋に降りかかる危険を予知してこまさんが倉子さんに連絡を入れた公衆電話
※全てのコメント協力:ヒサメさん

15ー2
CCプラザ:忠尋と楠木が文化祭(第38回霞彩高校文化祭「情熱新世代」)の買い出しに訪れた場所
忠尋と楠木が食べている同じシュークリームはCCプラザ内に売ってあります!
忠尋達と同じようにTVを真正面に見て左の席の前から二番目の席で食べるのが通な食べ方

15ー3
NTT鉄塔 :主上が奈良県の吉野から飛んできて三次にあるNTT鉄塔を通過したシーン
注>N-3 のNTTの鉄塔のスタンプは道路向いの中央薬局にあります
15−4
水道橋:県立霞彩高校の学生が通学路として使っている水道橋

15ー5
巴橋:こちらも水道橋と同様、中学高校と通学路として使っていた橋
アワーズ2004年4月号の朝霧の巫女46話では幼少時代の柚子と忠尋との回想シーンとしても登場
そのシーンでは朝霧の巫女の物語で重要な鍵となっている、柚子と忠尋が一緒に朝霧を見に行く約束をした場所でもある

15ー6
大正町:第三話で表紙を飾った一枚
ちなみに実際の三次では倉子さんの風景の通りは飲み屋街!
※写真は逆から写しています

15ー7
三上たばこ店:忠尋が買い出しに行った帰りに通った場所
(帰りに通ったのならいきも通ったのかも?)

15ー8
榊屋:入院していた直範(柚子達のお父さん)
が退院した自分のお祝いにとお饅頭を買いに寄ったお店
15ー9
中ベーカリー:こまさんが忠尋を心配して迎えに来て出会ったシーン

15−10
三次フードセンター三次店:柚子や忠尋が夕飯の買出しによく訪れるお店

15−11
三次小学校横歩道橋:柚子達の母親である御幸さんが歩道橋を渡っているときのワンシーン
15−12
バス停留所(西濃運送裏)三次町:15−7と同様、忠尋が買い物帰りに通ったもう一つの場所

15−13
太歳町交差点(宮田ゴム工業):県立霞彩高校に通う柚子と忠尋が通学路として使っている交差点
忠尋が連れ去られたのもこの場所

15−14
細田食料品店(太歳町):実際に太歳神社のすぐそばにある食料品店なので朝霧の巫女の中でも稲生神社の
近くに設定されているものと思われる食料品店、気軽にお菓子などを買いに行ける

15−15
太歳神社:朝霧の巫女の中では太歳神社ではなく稲生神社となっています
太歳神社内には見覚えのある風景がたくさんあります


戻る